トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.338:筋損傷と立ち上がり

vol.338:筋損傷と立ち上がり

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

筋損傷後の立ち上がりのバイオメカニクス

Biomechanics of sit-to-stand transition after muscle damage.

👈PubMed Spyropoulos G Gait Posture. 2013 May;38(1):62-7. doi: 10.1016/j.gaitpost.2012.10.013. Epub 2012 Nov 17.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・特定の筋が損傷した後に、立ち上がりはどう影響されるのか知りたいと思ったため。

 

内 容

背景・目的

・筋損傷後の立ち上がりを解析した論文は見当たらない。したがって本論文は、筋損傷後48時間の立ち上がり動作を検証する。

 

方法

17名の健常女性

・膝屈筋と伸筋に対して遠心性収縮を負荷し、筋損傷を作った。

3次元動作解析、床反力計を用いて運動学、運動力学的データを採取した。計測は損傷処理の24時間前と直後、24時間後、48時間後、72時間後に行った。

・第1相(屈曲相)、第2相(移行相)、第3相(伸展相)の相分けをした。

 

結果

1:実験結果Spyropoulos G (2013)より引用

 

・表より遅発性筋痛(DOMS)が生じていることがわかる。

・クレアチンキナーゼ(CK)は72時間後に有意に上昇した。

 

2:実験結果Spyropoulos G (2013)より引用

 

・損傷後48時間で立ち上がり時間の有意な増加があり、15%ほど長くなっていた。第123相ごとの比較ではそれぞれ55611秒の時間的増加があった。立ち上がり時間との割合で表記すると、第233%の増加があったが、第13相は64%の時間減少がみられた。

 

1:実験結果Spyropoulos G (2013)より引用

 

・筋損傷後、骨盤は第12相で後方傾斜が増え、第23相で前方傾斜が減っていた。

・股関節は第2相で屈曲の減少、第3相で伸展の減少が得られた。

・第3相にて膝関節は伸展の減少、足関節は背屈の増加が得られた。

・第3相にて膝関節伸展モーメント・パワー有意に減少した。足関節モーメントに変化はなかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・膝屈筋、伸筋の筋損傷により第2、3相でモーメントの減少や動作時間の増加が見られた。膝伸展モーメントを作り出すため、膝伸筋だけでなく、屈筋も伸展モーメントに寄与していることが示唆される。どういったメカニズムで屈筋は膝伸展に働くのか調べてみたい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み