トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.330:股関節外転位・内転位でのスクワット動作

vol.330:股関節外転位・内転位でのスクワット動作

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

スクワット動作中の健常成人のパテラと股関節安定筋の活動

Muscular activity of patella and hip stabilizers of healthy subjects during squat exercises.

👈PubMed Felício LR Rev Bras Fisioter. 2011 May-Jun;15(3):206-11.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・立ち上がり動作の股関節外転筋・内転筋の運動力学的データを知りたいと思いデータベースを検索していたところ、スクワット動作がある程度立ち上がり前額面に近い動作であると述べられており、今回スクワット動作中の股関節外転筋について着目した論文を読むことにした。

 

内 容

背景・目的

・本論文は正中位スクワットと股関節外転・内転位でのスクワットにおける、パテラと股関節の安定化筋の筋活動を検証する。

 

方法

15名の座位生活中心の女性(膝関節痛なし)

・内側広筋斜走線維(VMO)、外側広筋斜走線維(VLO)、長外側広筋(VLL)、中殿筋(GMED)に筋電図の電極を貼付した。

 

図:電極貼付位置 Felício LR (2011)より引用

 

・正中位のスクワット、体重の25%の錘を負荷し、背部と壁どボールを挟んだ状態で股関節外転位、内転位のスクワットの計3種類のスクワットを行った。

 

 

図:スクワット3条件 Felício LR (2011)より引用

 

① スクワット膝屈曲60°

② ①に股関節内転等尺性収縮

③ ①に股関節外転等尺性収縮

 

・それぞれの条件に対し、膝屈曲位で6秒間静止のスクワットを3回行った。

 

結果

 

 

表:実験結果 Felício LR (2011)より引用

 

 ・股関節内転位、外転位でGMEDの活動が有意に大きかった。

・股関節内転位でVMOの活動が有意に大きかった。

・股関節内転位、外転位でVLLの活動が有意に大きかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・データはスクワット膝屈曲時の等尺性収縮のものであり、立ち上がりというよりは着座時の中殿筋や広筋群の活動を示唆するものだった。

・等尺性収縮時の筋電位ではなく、動作中の二―イン、ニーアウトする場合の床反力や関節モーメントを知りたい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み