トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.329:失敗した立ち上がりの分析

vol.329:失敗した立ち上がりの分析

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

失敗した立ち上がりのバイオメカニクス的分析

Biomechanical analysis of failed sit-to-stand.

👈PubMed Riley PO IEEE Trans Rehabil Eng. 1997 Dec;5(4):353-9.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・失敗した立ち上がりを分析した論文を見つけ、興味深かったため読むことにした。

 

内 容

背景・目的

・立ち上がりの失敗を①立ち上がり中に後方へ戻ってしまう②立ち上がる際にバランスを崩し、ステップによってバランスを取り直す、の二つと定義する。

・本論文は上記二つの失敗をバイオメカニクス的に分析する。

 

方法

13名の被験者の20の失敗を分析した。

・上肢は組み、背もたれのない椅子から立ち上がりを行った。椅子の高さは膝の高さを基本とした。

・①sit back:離殿後、再度殿部が座面に接地する場合

・②step:立ち上がりは遂行できたが、離殿後にステッピングが生じる場合

 

 

 

 

結果

 

 

 

図:対照群被験者(上)と失敗群(下)の立ち上がりデータRiley (1997)より引用

 

正常群

・角運動量のピークは離殿前に生じた。これは前後方向の線形運動量とほぼ同様のグラフを示した。

・HAT(上半身)の角運動量はWB(全身)の角運動量より大きかった。

・垂直方向の最大線形運動量はHAT最大伸展角運動量と同時期に生じた。

 

失敗した立ち上がり

・前後面の線形運動量と矢状面角運動量はsit backが生じた際にそれぞれ下方、後方への大きい値を示した。

・stepでは立ち上がり伸展相での垂直方向線形運動量がsit back群に比して大きかった。

 

 

 

表:各パラメータ Riley (1997)より引用

 

・成功した立ち上がりはHAT前後面最大線形運動量、その際の最大床反力、WB最大垂直方向線形運動量が失敗した立ち上がりに比して有意に大きい値を示した。

・前後面最大線形運動量までの時間は成功した立ち上がりが有意に失敗した立ち上がりより速かった。

・立ち上がり動作終了時までの時間は成功、失敗で有意差はなかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・失敗した立ち上がりでは垂直方向や前後方向の運動量が少なく、十分に重心移動が出来ていないことがわかる。正常から逸脱している原因はなにか、臨床に当てはめて考えていきたい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み