トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.322:立ち上がり動作における膝関節角度と腹筋群活動

vol.322:立ち上がり動作における膝関節角度と腹筋群活動

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

立ち上がり動作における膝関節角度と腹筋群活動

Abdominal muscle activity according to knee joint angle during sit-to-stand

👈PubMed Juri Eom J Phys Ther Sci. 2016 Jun; 28(6): 1849–1851.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・膝角度と体幹屈筋群の関係性を調べた論文を見つけ読みたいと思ったため

 

内 容

背景・目的

・本論文は膝関節角度と腹筋群の活動を検証する。

 

方法

30名の健常成人(直近半年で腰痛なし)

・膝関節角度を60°、90°、120°として立ち上がり動作を行った。

・表面筋電図を外腹斜筋、内腹斜筋と腹横筋、大腿直筋に貼付した。

 

結果

 

表:実験結果 Juri Eom (2016)より引用

 

・膝屈曲角度が増加するにつれて、大腿直筋、外腹斜筋、内腹斜筋と腹横筋の活動が増加することが表からわかる。3つの角度に有意差が得られた。

 

私見・明日への臨床アイデア

・屈曲角度が大きくなるほど大腿直筋や腹筋群の活動が高まっており、より努力的に立つ必要があることがわかる。これは前方に位置する足部上へ身体重心を持っていくために上記筋群が活動する必要があったためと考えられる。膝を屈曲位で立ち上がることができるよう身体や環境を整えていく必要があると感じる。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み