トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.277:ヒラメ筋筋線維の3次元的構造

vol.277:ヒラメ筋筋線維の3次元的構造

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

ヒトの筋腱組織の構造的、機能的特徴

Structural and functional features of human muscle-tendon unit.

👈PubMed Finni T Scand J Med Sci Sports. 2006 Jun;16(3):147-58.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・腱や腱紡錘について興味があり調べていたときに本レビューをみつけ、ヒラメ筋の構造について詳しく記載していたため記事にしようと思った。今回はレビューの一部のみを扱った。

 

内 容

ヒラメ筋の3次元的解剖

 

図:ヒラメ筋の構造と収縮方向 Finni T (2006) より引用

 

Fiber:筋線維方向

Origin:起始

Insersion:停止

Anterior:前方

Posterior:後方

Median Septum:正中中隔

Soleus muscle:ヒラメ筋

Cross-sectional view:横断面

 

・ヒラメ筋には2つの部位に分けることができ、図のAS(前方部分)とPS(後方部分)となる。

ASPSを分けているのは図の灰色部分であり、内部腱膜である。ASPS両方の起始となっている。

・ヒラメ筋の中央にある正中中隔はアキレス腱につながり、筋内部で筋線維の付着位置を提供している。

・正中中隔を除く黒い線は腱膜であり、シート状となっている。

・収縮した際は矢印にあるように停止部(黒線)が起始(灰色線)に近づく。

・ASは放射状の羽状筋、PSは半羽状筋となっている。

 

私見・明日への臨床アイデア

・ヒラメ筋は紡錘状筋だと勝手に思っていたが、内部腱膜を有する羽状筋(半羽状筋)であることがわかった。羽状構造のため生理的横断面積が大きく、さらに放射状に配列されていることで筋線維数も同体積の紡錘状筋より多いことが予想され、ヒラメ筋は収縮力を出しやすい構造を有していることがわかる。

・収縮を補助する際は単純に垂直上方向に介助するのではなく、ヒラメ筋筋線維の収縮方向を意識し、筋線維を内部腱膜に寄せつつ垂直上方向に補助する方が有効ではないだろか?

・ヒラメ筋をマッサージする際も、この線維方向を意識することで効果が高まるかもしれない。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み