トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.283:片脚立位と中殿筋

vol.283:片脚立位と中殿筋

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

片脚立位時の股関節外転による中殿筋活性化

Activation of the gluteus medius according to load during horizontal hip abduction in a one-leg stance👈PubMed Jae-Woong Lee J Phys Ther Sci. 2015 Aug; 27(8): 2601–2603.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

上肢運動の負荷を変化させたとき、片脚立位時の中殿筋の活動がどう変わるかを調べた論文で、興味深かったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・中殿筋の弱化は股関節の高さに違いを生み、腰痛や下肢痛の原因となる。また、変形性股関節症、膝関節症の一因になったり、股関節の外旋を低下させたりすると報告がある。

・本研究は片脚立位によって中殿筋の活性化が図れるかを検討する。

 

方法

24名の健常成人

・筋電図によって中殿筋後部線維の筋電位を計測した。

・被験者は片脚立位になり、荷重をかけている下肢側の上肢を机の上に置く。体幹を90°屈曲し、背中・挙上側の下肢は地面と平行とした。この姿勢で腰椎骨盤を回旋するよう指示した。

・実験は4条件で行い、①上記姿勢、②上肢90°外転、③上肢90°外転+1kg重り、④上肢90°外転+3kg重りとした。

 

結果

表:実験結果 Jae-Woong Lee (2015)より引用

 

 ・上肢負荷が増えるにつれて中殿筋後部線維の電位は上昇した。上肢重り3kgのみ他の3条件と有意差が得られた。

 

 

私見・明日への臨床アイデア

・実験姿勢はやや特殊だったが、上肢運動の負荷が増えるにつれて中殿筋後部線維の活動も高まることが証明された。比較的運動機能の高い利用者様に使えるかもしれない。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み