トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.287:座位と立位のリーチ動作の違い

vol.287:座位と立位のリーチ動作の違い

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

座位と立位での高齢者のリーチ動作練習の効果の違い

Comparison of the effectiveness of balance training using a reaching task between a sitting position and a standing position in the elderly.👈PubMed Kim SG J Phys Ther Sci. 2015 Jul;27(7):2337-9. doi: 10.1589/jpts.27.2337

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

利用者様にリーチ動作を行ってもらうことは多い。今回姿勢の違いに着目した論文を見つけ、興味深かったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・高齢者の転倒リスクは高く、軽微な損傷でも活動性の低下につながってしまう。

・転倒リスクの軽減にバランス練習があるが、練習中も転倒の危険性があり、より安全な姿勢で行うのが望ましい。

・仮に座位と立位でのリーチ動作練習の効果が同じであるならば、より転倒リスクの少ない座位で行う方がよいのではないかと考えた。

・本研究は座位・立位でのリーチ動作練習を比較することを目的とする。

 

方法

30名の地域在住の高齢女性

・座位練習群と立位練習群の2群に分けた。

・介入は120分、週3回、8週間とした。リーチ動作は前方、右方、左方へ最大限のリーチ動作を行うこととした。

・アウトカムは簡易版 berg balance scale (SFBBS) timed 10-m walk test (10MWT),timed up & go test (TUG)falls efficacy scale (FES:転倒恐怖感)とした。

 

結果

 

表:実験結果Kim SG (2015)より引用

 

SFBBS10MWTTUGは両群ともに介入前後の有意差が得られた。FESは立位練習群のみ介入前後の有意差が見られた。

・10MWTは群間の有意差が得られ、立位練習群でより改善度合いが大きかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

立位でのバランス練習がより転倒リスクの軽減につながった。特に転倒恐怖感の指標で違いが見られており、立位で行うと被験者が自身のバランスに対して自信をつけることにつながりやすいことが分かった。転倒恐怖で活動性が低下している方に対し、立位での練習を重ねることで活動を促すことにつながるかもしれないと思った。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み