トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.301:車いすバックサポート厚と上肢筋活動

vol.301:車いすバックサポート厚と上肢筋活動

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

車いすバックレストの厚さの違いによる駆動時肩関節筋への負荷

The effects of backrest thickness on the shoulder muscle load during wheelchair propulsion

👈PubMed Ingyu Yoo J Phys Ther Sci. 2015 Jun; 27(6): 1767–1769.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・車いす駆動時のバックレスト厚を検討した論文を見つけ、興味深かったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・車いす利用者の73%は慢性的な上肢痛を有すると言われている。座位姿勢の不良が原因にあると考えられ、車いすの選択や座面の工夫などで改善可能と仮説を立てている。

・車いすのバックレストによって脊柱起立筋のリラクゼーション、腰椎前彎の減少などが得られると思われるが、まだ十分に研究はされていない。

・バックレストの最適な厚さはどのくらいか、本研究はバックレストの厚さの違いにより上肢筋活動に変化が生じるか検証する。

 

方法

15名の健常成人を以下の3群に分けた。

・バックレストなし

3cmのバックレスト

6cmのバックレスト

30回車いす駆動をしてもらった際の上肢筋電位を計測した(三角筋前部線維、僧帽筋上部線維、三角筋後部線維、上腕二頭筋)。

 

結果

表:実験結果 Ingyu Yoo (2015) より引用

 

 ・三角筋前部線維・後部線維、僧帽筋上部線維、上腕二頭筋は群間の有意差が見られ、3cmのバックレストの際に最も筋電位が少なくなった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・バックレストの最適な厚さを研究した論文で、上肢筋の筋電位が最も少なくて済むのは3cmの厚さの物だった。今後車いす駆動をする方で上肢痛がある場合は、バックレストの厚さも合わせて評価したい。厚さの他に硬さでどういった違いがでるのか興味があるので、今後の研究に期待したい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み