トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.306:2型糖尿病患者と他動静的ストレッチング

vol.306:2型糖尿病患者と他動静的ストレッチング

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

2型糖尿病患者の血糖値に対する他動静的ストレッチングの効果

Effects of passive static stretching on blood glucose levels in patients with type 2 diabetes mellitus.👈PubMed Park SH J Phys Ther Sci. 2015 May;27(5):1463-5. doi: 10.1589/jpts.27.1463.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・糖尿病を有する利用者様は多く、臨床でもよく遭遇する。ストレッチングと血糖について調べた論文を見つけ、ストレッチングが有効かどうか興味深かったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・糖尿病の有病率は世界中で増加しており、特に2型糖尿病にその傾向が強い。

・運動は2型糖尿病に効果があり、様々なタイプの運動の有効性が報告されている。

・他動静的ストレッチングは運動に消極的な傾向をもつ2型糖尿病患者にとっても受け入れが良いと考えられ、糖尿病に対しても効果的なのではと仮説を立てた。

・したがって本研究は他動静的ストレッチングが2型糖尿病患者の血糖値に与える影響を検討する。

 

方法

・2型糖尿病で入院中の患者15名

・実験群(他動静的ストレッチングPSS)8名と対照群7名

・対照群は糖尿病の食事と服薬を継続し、特に運動は行わなかった。

・実験群は上記治療に加え、下肢に6つ、上肢に4つのストレッチングを行った。週3回を8週間継続した。

・血糖のレベルとしてHbA1cを計測した。

 

 

結果

表:実験結果 Park SH (2015)より引用

 

 ・対照群は介入前後の有意差が出なかったが、実験群では有意な改善が見られた。

 

私見・明日への臨床アイデア

・他動静的ストレッチングにより血糖値の減少が得られた。今回は他動だが、セルフストレッチングでも効果は同様なのか、どう患者にセルフストレッチを継続してもらうのか検討していきたい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み