トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.309:コアマッスルリリーステクニックと腰椎変形・腰痛

vol.309:コアマッスルリリーステクニックと腰椎変形・腰痛

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

腰椎変形と腰痛に対するコアマッスルリリーステクニックの効果

The effects of core muscle release technique on lumbar spine deformation and low back pain. 👈PubMed Lee M J Phys Ther Sci. 2015 May;27(5):1519-22. doi: 10.1589/jpts.27.1519.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・コアマッスルリリーステクニックはどんなアプローチか知りたいと思い、読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・腰痛は胸腰椎もしくは腰仙骨部に生じ、体幹の筋力低下などが一因となる。

・コアに対するアプローチとして、スタビリティトレーニングやストレッチ、超音波などを用いた視覚フィードバックなど様々あるが、椎体に対するマニュピュレーションやモビライゼーションも広く使われている技術である。

・本研究は体幹筋に対して徒手的に介入を加えた結果、脊椎変形や痛みに変化が生じるか検討する。

 

方法

90名の腰椎変形を伴う腰痛患者を3群に分けた

・グループ1:コアマッスルリリーステクニック(CRT

・グループ2:ウィリアムズ・マッケンジー体操

・グループ3:物理療法

・腰椎アライメントはX線にて計測した。

CRTは背臥位、膝45°屈曲、股関節は最大外転位とする。横隔膜、腹直筋、腹横筋、腹斜筋、腰方形筋、脊柱起立筋(多裂筋含む)、腸腰筋、骨盤底筋の順にアプローチし、徒手的操作として基本的に筋に圧迫を35分加えた。

・グループ2は脊柱屈曲運動と伸展運動を3つずつ行った。

・グループ3はホットパック後、干渉波を腹直筋、腹斜筋、腹横筋、脊柱起立筋、腰方形筋、多裂筋に行った。

 

結果

表:実験結果 Lee M J (2015)より引用

 

3群ともに腰椎アライメントと腰痛に介入前後の有意差が見られた。

CRTは他の2群よりも改善具合が大きかった。グループ2(ウィリアムス、マッケンジー体操)は物理療法より改善具合が大きかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・コアマッスルリリーステクニックは体幹の筋を持続圧迫することであった。このテクニックで脊柱アライメントと腰痛の改善が得られた。結果は介入直後のものであり、短期的な改善のみを示したことになる。長期的な効果はどうか、追加研究を見てみたい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み