トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.246:足関節ストレッチング装具の効果とは?

vol.246:足関節ストレッチング装具の効果とは?

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

足関節の柔軟性と歩行に対するトレッドミル上での足関節ストレッチ機能付き装具の効果

Effect of treadmill walking with ankle stretching orthosis on ankle flexibility and gait👈PubMed 

Young-ki Cho J Phys Ther Sci. 2015 Apr; 27(4): 1257–1260.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・特殊な装具を用いて足関節背屈向上を試みている論文を見つけ、装着するだけで角度向上が得られるならば簡単でよいと思い、より知りたいと感じたため読もうと思った

 

内 容

背景・目的

・歩行では適切な足関節の柔軟性が重要であり、柔軟性の低下は足部変形、代償運動による疼痛、跛行などの問題につながる。

・足関節背屈可動域を向上させる方法のひとつに、Ankle Stretching Orthosis (ASO)という装具がある。

・本研究ではASOで足関節背屈可動域向上するかどうか検討する。

 

方法

・アウトカムとして背臥位、フロントランジ、歩行時の足関節背屈角度を計測した。

ASOを装着しトレッドミル歩行を15分間実施し、再度上記アウトカムを計測した。

ASOは距骨と中足骨にストラップがあり、足関節の背屈可動性を高めるように作られている。

 

結果

表:実験結果 Young-ki Cho (2015)より引用

 

・介入後、自動他動背屈可動域、ランジ動作中の下腿角度は有意に改善した。また、トレッドミル歩行では踵離地までの足関節最大背屈角度が有意に増加し、さらに踵離地までの時間の延長もみられた。

 

私見・明日への臨床アイデア

・足関節背屈を促すための装具とトレッドミル歩行により背屈角度向上が得られた。装具に関する情報が乏しいため、装着にどれくらい時間がかかるかなどはわからないが、着けて歩くだけで角度の向上が得られるのは簡便でいいと思う。脳卒中者や足関節周囲骨折後の拘縮患者などには適応なのか、次の研究をみてみたい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み