トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.245:修正版ハイヒールとバランス

vol.245:修正版ハイヒールとバランス

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

立位時の足圧中心と静的バランスに対する修正版ハイヒールの効果

Effect of revised high-heeled shoes on foot pressure and static balance during standing👈PubMed Young-Hyeon Ba J Phys Ther Sci. 2015 Apr; 27(4): 1129–1131.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

ハイヒールによって立位や歩容が変わることは容易に想像できる。今回、足圧中心と静的バランスがどう変わるかを検討した論文を見つけ、興味を持ったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・ハイヒール靴(HHSs)は踵がつま先部より高い靴と定義され、37~69%の女性がHHSsを日常生活で履いているという。

・HHSsの使用は下肢脊柱のアライメント崩れにつながり、頭部前方移動、腰椎過前彎、骨盤前傾、膝外反を呈することが多い。HHSsの影響は靴を脱いだ後にも続くという実験結果もある。

・筆者らが修正版HHSsはこれらの一般的HHSsの弱点を補うものである。本研究はこの修正版HHSsが足圧中心と静的バランスに与える影響を検討する。

 

方法

15名の女性を2群に分けた

・一般的HHSs群(踵高7cm)、修正版HHSs群(踵高7cm

・修正版HHSsは踵部の衝撃吸収材と特殊なウェッジにより見た目の踵高より踵位置が低くなるようにし、より生理的な姿勢に近づくようにできている。

・足圧中心機器を用いて測定し、静的バランスは開眼、閉眼、スクリーンによる視覚遮断の3条件で計測した。静的バランスの計測方法は十分な説明がなかった。

 

結果

表:実験結果 Young-Hyeon Ba (2015)より引用

 

 ・修正版HHSsの前足部圧は51.5%、一般的HHSs62.0%で、有意差がみられた。

・静的バランスは3条件全てで修正版HHSsが高いスコアを示したが、群間の有意差は得られなかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・修正版HHSsの方が後足部への荷重が強く、静的バランスの改善が得られていた。みかけよりも踵高を下げるというアイデアは面白いため、歩行や転倒リスクなどその他の指標でも検討すると実用化に近づくのではないかと考える。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み