トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.244:多裂筋の筋活動-四つ這いと腹臥位-

vol.244:多裂筋の筋活動-四つ這いと腹臥位-

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

腹臥位体幹伸展と四つ這いでの上下肢挙上時の腰部多裂筋浅層の筋電図的比較

Comparison of selective electromyographic activity of the superficial lumbar multifidus between prone trunk extension and four-point kneeling arm and leg lift exercises.👈PubMed Kim JS J Phys Ther Sci. 2015 Apr;27(4):1037-9. doi: 10.1589/jpts.27.1037.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・臨床でよく用いる四つ這い時の多裂筋活動を腹臥位体幹伸展と比較しており、興味深かったため読みたいと思った

 

内 容

背景・目的

・腰部多裂筋は脊柱の安定化を担う重要なローカル筋であり、同筋は脊柱伸展作用も持つ。

・腰痛患者は疼痛側の多裂筋が萎縮することが報告されている。逆にグローバル筋である脊柱起立筋の過活動が認められる。これは脊柱への負荷を増加させ、痛みの原因となっていると言われている。

・腹臥位での体幹伸展と四つ這いでの上下肢挙上運動は脊柱周囲の伸筋群の活動を高めることはわかっているが、多裂筋のみ着目した論文は見当たらない。

・したがって、浅層に位置する腰部多裂筋の筋活動を腹臥位体幹伸展(PTE)と四つ這い上下肢挙上(FPKAL)にて計測する

 

方法

・20名の健常成人

・筋電図の電極を腰部多裂筋(LM:L5棘突起から2cm外側)と腰部脊柱起立筋(LEM:L2棘突起から2cm外側)に貼付。

・PTEは腹臥位、頭部に両上肢を置き体幹伸展、FPKALは四つ這いにて対側の上下肢を挙上とした。

 

結果

表:実験結果 Kim JS (2015)より引用

 

・PTEの方がFPKALに比べてLESとLMの筋電位が有意に大きかった。

・LMとLESの割合はFPKALで有意に大きく、LMがLESより高い値を示した。

 

私見・明日への臨床アイデア

・四つ這い上下肢挙上は選択的に腰部多裂筋の筋活動を高めることが本研究から示唆された。逆に腹臥位体幹伸展は腰部脊柱起立筋の活動が高く、腰痛患者にとって痛みを誘発してしまう可能性がある。多裂筋の萎縮と脊柱起立筋の過活動が見られる利用者様に四つ這い運動をお願いしていこうと思う。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み