トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.239:脳卒中者の運転と筋活動

vol.239:脳卒中者の運転と筋活動

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

脳卒中者の運転時の筋活動

Muscle activation of drivers with hemiplegia caused by stroke while driving using a steering wheel or knob.👈PubMed Jung NH J Phys Ther Sci. 2015 Apr;27(4):1009-11. doi: 10.1589/jpts.27.1009.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・脳卒中の利用者様が運転を希望されることは多い。今回運転時の筋活動を調べた論文を見つけ、興味深かったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・運転者は長時間ハンドルを操作する。脳卒中者の場合、ハンドルにノブをつけて運転することがあるが、その大きさや形によって運転しやすさや疲れやすさは変わる可能性が高い。

・脳卒中者の運転に着目した研究は少ない。したがって、本論文は運転時、ハンドルに取り付けたノブがどのように筋活動に影響するかを検証する。

 

方法

・5名の脳卒中者(左麻痺)と4名の健常成人

・ノブの取り付け位置はハンドルを時計と見立てたときの1時のあたりとした。

・実際の車を使用し運転速度は10~20km/hとした。5m直進、右折もしくは左折、5m直進を運転課題とした。

・筋電図電極を三角筋前部線維、上腕二頭筋、上腕三頭筋に貼付した。

・ノブ付きハンドルとハンドルのみの比較、脳卒中群と対照群の比較を行った。

図:実験姿勢 Jung NH (2015)より引用

 

結果

表:実験結果 Jung NH (2015)より引用

 

 ・左折の際、両群ともにハンドルの違いによる有意差は出なかった。右折の際、脳卒中群の上腕二頭筋はノブ付きハンドルよりもハンドルのみの方が有意に高い電位を示した。

・脳卒中群と対照群がノブ付きハンドルを使用した際の筋電位を比較すると、脳卒中群の上腕二頭筋は右折の際により低い値を示すことがわかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・ノブ付きハンドルとハンドルのみを比較すると、ハンドルのみでは上腕二頭筋の筋活動が高かった。筋活動が高いということは筋疲労につながる可能性がより高いと解釈でき、ノブ付きハンドルの方が運転しやすさにつながることを示唆している。運転を考えている利用者様に対し、車をどう改造するかも専門家としての意見を述べられるようにしていきたい。

 

氏名 匿名希望

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み