トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.238:湿度と呼吸機能

vol.238:湿度と呼吸機能

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

湿度の違いによる呼吸機能の変化

Analysis of changes in pulmonary functions at rest following humidity changes👈PubMed Jae Hyun Kim J Phys Ther Sci. 2015 Apr; 27(4): 1063–1065.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・湿度の違いで呼吸機能を比較しており興味深かった。これから冬になり乾燥の季節となるため、それがどう呼吸に影響するのか知りたいと思い、読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・呼吸に問題がある患者に対し、スパイロメーターなどを使用し呼吸機能の計測を行う。

・計測時には姿勢など気を付けなければならない項目がいくつかあり、湿度も計測に影響を与える因子である。

・しかし、湿度と呼吸を検討した論文はまだ十分に行われていない。そのため、本研究では上記二つの関係性を検証していく。

 

方法

30名の健常成人

・努力肺活量(FVC)、1秒量(FEV)、予備呼気量(ERV)、一回換気量(TV)にて呼吸機能のアウトカムとする。

・室温は25度、湿度は低湿度(湿度25%)、中等度湿度(湿度50%)、高湿度(湿度90%)の3条件で比較した。

 

結果

 

表:実験結果 Jae Hyun Kim (2015)より引用

 

 ・高湿度、中等度湿度はそれぞれ乾燥に比べて努力肺活量(FVC)、1秒量(FEV)が有意に高い値を示した。

 

私見・明日への臨床アイデア

・乾燥により吸気量、呼気量が低下することがわかった。冬の乾燥する季節は呼吸機能の低下がみられる可能性があり、呼吸に問題がある利用者様、フレイルを呈する利用者様には注意して介入していきたい。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年1月
    « 12月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み