トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.223:脳卒中者の歩行と股関節伸筋トレーニング

vol.223:脳卒中者の歩行と股関節伸筋トレーニング

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス、歩行

 

タイトル

脳卒中者の骨盤制御と歩行に対する筋トレの効果

Effect of a muscle strengthening exercise program for pelvic control on gait function of stroke patients👈PubMed Byoung-Sun Park J Phys Ther Sci. 2015 Mar; 27(3): 641–644.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・脳卒中者に対し股関節伸筋に対してアプローチすることは多い。今回、シンプルに股関節伸筋を筋トレした際にどういった効果があるか検討した論文を見つけ、読むことにした。

 

内 容

背景・目的

多くの脳卒中者が自宅内での移動に困難さを覚える。本研究では歩行に際して重要な股関節伸筋に着目し、筋力強化によって脳卒中者の骨盤操作と歩行がどう変わるかを検討する。

 

方法

15名の脳卒中者

5つの股関節伸筋トレーニング

  1. 股関節伸展と骨盤後傾運動
  2. 両下肢の伸展回旋運動
  3. セラピーボールを使用して股関節と骨盤の運動
  4. 側臥位での股関節伸筋筋力トレーニング
  5. 腹臥位での股関節伸展筋力トレーニング

・上記プランを週3回、4週間実施。

・アウトカムは10m歩行テスト、BBS、歩行能力(歩行速度、1歩行周期時間、麻痺側立脚時間、麻痺側ストライド長)を計測した。麻痺側、非麻痺側の対称性をsymmetry index (SI)で示した。

 

結果

 

表:実験結果 Byoung-Sun Park (2015)より引用

 

・歩行速度、麻痺側立脚期、歩行対称性(SI)は介入前後で有意に改善した。

 

私見・明日への臨床アイデア

・股関節伸筋と骨盤運動によって麻痺側立脚期の改善や歩行速度が上昇した。股関節伸筋トレーニングに効果があったことに加え、骨盤運動により腹圧の上昇や体幹と股関節の選択的な運動を促せたと思われる。今回のデータを用いることで、利用者様へより確かな根拠を持って説明できるだろう。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み