トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.221:下肢挙上時における腹直筋と大腿直筋

vol.221:下肢挙上時における腹直筋と大腿直筋

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

健常成人の下肢挙上時の腹直筋と大腿直筋の筋活動の割合

Muscle activities of the rectus abdominis and rectus femoris and their ratio during leg raises performed by healthy adults.👈PubMed Lee SY J Phys Ther Sci. 2015 Mar;27(3):549-50.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・下肢挙上時に腹直筋、大腿直筋が協調的に働くのはイメージしやすい。両筋の活動を筋電図で正確に測ったデータは初めてみたため、読んでみたいと思った。

 

内 容

背景・目的

・下肢挙上時には主動作筋である大腿直筋だけでなく、骨盤の安定のために腹直筋が活動する。本研究では下肢挙上時の上記2筋の関係性を検討する。

 

方法

20名の健常成人

・被験者に0°~60°の下肢挙上をさせ、大腿直筋と腹直筋の電位を筋電図を用いて計測した。

 

結果

表:実験結果 Lee SY (2015)より引用

 

 ・大腿直筋、腹直筋ともにそれぞれの角度で有意な差が見られた。大腿直筋は股関節屈曲30-45°で筋電位のピークを迎え、腹直筋は股関節屈曲角度が増加するにつれ筋電位が増加した。

 

 

私見・明日への臨床アイデア

・大腿直筋の活動は45°でピークを迎えることが分かった。直筋を鍛えたい場合は45°以上の挙上は必要ないであろうことを示唆している。

・逆に骨盤の安定性を高めるために下肢挙上を行う場合、下肢は45°を超えて挙上させるようにした方がよいと思われる。今回の論文のようなデータも用いて臨床でのプランを作っていきたい。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み