トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.211:顎関節症と頸椎の可動性の関係

vol.211:顎関節症と頸椎の可動性の関係

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

顎関節症と頸椎の可動性の関係

Upper cervical range of motion is impaired in patients with temporomandibular disorders.👈PubMed Grondin F et al.(2015)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・顎、口腔機能と頸部~肩関節のリンクに興味があり、本論文に至る。

 

内 容

背景

・顎関節症(TMD)は、最近の研究では、男性よりも女性の方が多く、男性では2.8%であったのに対し、女性では6.3%であることが判明しました。

 

・TMDに苦しんでいる人は、頸部の筋機能、運動時痛、触察による圧痛ならびにメカニカルストレスの閾値の障害など頸部で著しく悪化していることが示されています。疑いもなく、直接的に関係しており、双方に影響を及ぼしあいます。

 

・通常、口を開ける時に頸部 – 頭蓋の接合部に伸展が起こります。上位頸椎の制限が口の開きを制限させる可能性があります。

 

・頸椎の障害が顎関節症の重症度と相関しているとの報告がある。

 

・顎関節症(TMD)患者の頸椎の評価と治療は臨床において行われるべき所であるが、TMD患者の上位頸椎の可動性を調べた研究はほとんどない。

 

目的

 

・研究目的は、TMDによる疼痛を有する患者が、無症状の被験者と比較し、上位頸椎に障害を有するか調べることであった。

 

方法

 

・頸椎のROMテストを行った。①軸回旋を伴ったthe flexion-rotation test (FRT)②矢状面のROMを測定した。

 

・20名の無症状の被験者を、TMDによる疼痛を有する37名の被験者と比較した。

 

・37人のうち頭痛なし(TMDNHA)が26人、頭痛あり(TMDHA)が11人であった。

 

結果

 

・結果は、FRTおよび矢状面ROM共に群間に有意差があることが明らかになった。

 

・TMD群の中でも頭痛あり(TMDHA)群が頭痛なし(TMDNHA)群より軸回旋が小さかった。

 

・頭痛を伴うTMD患者において最も頸椎の可動域制限を有した。

 

・この研究は、TMDに苦しむ患者に対しての上位頸椎ROMの検査・治療の重要性についての証拠を提供した。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・顎関節評価時に頸椎を評価する重要性の分かる内容であった。顎が3Dで自由に動けるには、頸椎もそれに対応しstabilityを作ったり、または3Dで動ける必要があると考えられる。頸椎の可動性・筋の状態・姿勢など総合的に診ていく必要を感じた。

 

 

氏名 覚正 秀一

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み