トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.202:立ち上がり動作-股関節外転位・中間位の比較-

vol.202:立ち上がり動作-股関節外転位・中間位の比較-

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

通常の立ち上がりと股関節外転位での立ち上がりにおける中殿筋と大腿直筋の筋活動の比較

Comparison of the gluteus medius and rectus femoris muscle activities during natural sit-to-stand and sit-to-stand with hip abduction in young and older adults👈PubMed 

Eun-Mi Jang J Phys Ther Sci. 2015 Feb; 27(2): 375–376.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・臨床コースにて立ち上がり動作に着目した。今回股関節外転位と中間位での比較をした論文を見つけ、興味を持ったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・高齢になるにつれ立ち上がり動作が困難となり、施設入所を余儀なくされる利用者様も多い。そのため、立ち上がり動作の筋活動を研究することは臨床に役立つと考えた。

・本研究は立ち上がり動作時の中殿筋と大腿直筋の筋活動を股関節外転位、中間位の2パターン、さらに高齢女性と若年女性で比較する。

 

方法

15名の若年女性と15名の高齢女性

・筋電図電極を中殿筋と大腿直筋に貼付

・股関節外転位での立ち上がり、中間位での立ち上がりをランダムに実施させた。

 

結果

 

 

単位は%

Eun-Mi Jang (2015)より引用改変

 

・若年女性の中殿筋は、股関節中間位に比して外転位で有意に活動が大きかった。大腿直筋は股関節の肢位に影響を受けなかった。

・高齢女性の中殿筋は股関節中間位に比して外転位で有意に活動が大きかった。大腿直筋は股関節中間位で有意に活動が大きかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・股関節外転位での立ち上がりは中殿筋の活動を高めることが示唆された。中殿筋の活動が弱く、大腿直筋有意の利用者様に対し、外転位での立ち上がりは有効かもしれない。

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み