トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.199:動的視力と頸部筋疲労

vol.199:動的視力と頸部筋疲労

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

健常成人の動的視力に対する頸部筋疲労の影響

Determine the effect of neck muscle fatigue on dynamic visual acuity in healthy young adults👈PubMed

Amer A. Al Saif J Phys Ther Sci. 2015 Jan; 27(1): 259–263.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・筋疲労によって動作の質が低下することは多く、特に頸部が過緊張となり疲労を訴える利用者様は多い。今回頸部筋の疲労と動的視力の関係性に着目した論文を見つけ、興味があったため読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・姿勢の安定性は末梢からの感覚統合とその情報に基づく運動器の反応によって成される。感覚情報が狂えば当然姿勢保持に影響を与える。

・先行研究では頸部筋の障害が平衡覚に影響を与えるとの報告や、頸部筋自体の筋疲労により固有受容感覚の低下が報告されている。

・本研究は頸部筋疲労が動的視力に与える影響を検討する。

 

方法

15名の実験群、15名の対照群

・アウトカムは動的視力(cDVA)と頸部位置覚(JPE

cDVAは頭部を動かしながら対象物を視覚で捉えることができるかを数値化したもの。JPEは閉眼で一側へ頸部回旋後、正中位に戻した際の開始位との誤差を計測。

・筋疲労は被験者の主観をVASを用いて計測した。

・実験群は機器を用いて頸部運動を行い、筋疲労を誘発した。対照群は筋疲労を伴わないプラセボの運動を行わせた。

 

結果

 

表:実験結果

Amer A. Al Saif (2015)より引用

  

・実験群のDVAは対照群に比し、有意に動的視力の低下を認めた。

JPEは実験群0.97、対照群0.44cmの誤差があり、実験群の方が誤差が大きかったが、群間の有意差は得られなかった。

DVAと主観的疲労度(VAS)に有意な正の相関が得られた(r=0.79)。

 

私見・明日への臨床アイデア

・頸部筋の疲労により動的視力に低下が認められた。頸部筋が固く頸部の可動性が低下している方は、方向転換などの際に視覚情報が低下し転倒の危険が増えるかもしれない。転倒リスク評価の際は頸部筋の硬さや疲労も気にしていきたい。

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み