トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.194 :回内足を有するスクワット時の矢状面上の下肢の運動学

vol.194 :回内足を有するスクワット時の矢状面上の下肢の運動学

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

回内足を有する被験者のスクワット動作下降時の矢状面上の下肢の運動学

The kinematics of the lower leg in the sagittal plane during downward squatting in persons with pronated feet.👈PubMed  Lee JD J Phys Ther Sci. 2015 Jan;27(1):285-7. doi: 10.1589/jpts.27.285.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・臨床にてスクワット動作をお願いすることは多い。また、内側アーチがつぶれ距骨下関節過回内を呈している利用者も多い。回内足の被験者のスクワットを運動学的に分析するとどうなるのか、興味があったため読むこととした。

 

内 容

背景・目的

・足部の変化は静的、動的の姿勢安定性に影響を与える。

・回内足はスクワット動作に影響を与えるが、運動学的に検討した論文は少ない。

・本論文は回内足を有する被験者と対照群のスクワット動作を比較し、スクワットに対する回内足の影響を検討する。

 

方法

20名の健常成人を2群に分けた(回内足群、対照群)

・動作解析装置を用いてスクワット時の下肢各関節の関節角度を計測した。計測対象は重心下降中のみとし、3相に分けた。

phase1:開始肢位

phase2:ハーフスクワット位(膝軽度45°)

phase3:終了肢位(膝屈曲90°)

 

結果

表:実験結果

Lee JD (2015)より引用

 

・重心下降中の膝関節角度に差はみられなかった。

phase23で回内足群は対照群に比べ、股関節屈曲角度が有意に小さかった。

phase3で回内足群は対照群に比し、背屈角度が有意に大きかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・回内足群は背屈角度が大きく、純粋な距腿関節の背屈だけでなく、距骨下関節回内での代償も含めた値であると思う。

・足関節での角度が大きい分、股関節では屈曲角度が小さい。回内足を有する利用者はその股関節がうまく使えていない可能性があり、評価が必要であろう。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み