トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.183:脳卒中者の肩関節亜脱臼に対するスリングエクサイズの効果

vol.183:脳卒中者の肩関節亜脱臼に対するスリングエクサイズの効果

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

脳卒中者の肩関節亜脱臼に対するスリングエクササイズのX線画像的解析

Radiographic Imaging Analysis after Sling Exercises for Hemiplegic Shoulder Subluxation

Myung-kwon Kim Journal of Physical Therapy Science👈Jstage Vol. 24 (2012) No. 11 December(1) p. 1099-1101

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・脳卒中者の亜脱臼を臨床にてよく目にする。スリングエクササイズの有効性を検証した論文を見つけ、臨床に活かせるかもしれないと考え読むことにした。

 

内 容

背景・目的

・麻痺と痙性は脳卒中者の一般的な症状であり、肩関節亜脱臼を呈することも多い。

・治療には電気刺激などがあるが、スリングエクササイズも行われている。本研究ではこのスリングエクササイズの効果を検証する。

 

方法

34名の脳卒中者を2群に分けた。

・対照群は一般的理学療法を週5回、8週間、実験群は一般的理学療法に加え、スリングエクササイズを毎日30分間追加で行った。スリングエクササイズは腱板筋の強化が目的で、外内転と外内旋の等尺性収縮を行わせた。

キャプチャ

図:X線画像の計測方法

Myung-kwon Kim (2012)より引用

OD:肩峰の最下端から上腕骨頭中心の直線距離

 VD:肩峰の最下端から下した垂線の、上腕骨頭中心までの距離

 HD:関節窩から上腕骨頭までの距離

 

・OD、VD、HDを関節窩の長さで除した値をcOD、cVD、cHDとした。また、rVD、rODはそれぞれの麻痺側、非麻痺側の比を表したものとした。

 

結果

キャプチャ2

図:実験結果

Myung-kwon Kim (2012)より引用

 

cVDrVDrODにおいて、スリングエクササイズ後に介入前後の差がみられた。

・cVD、rODでは実験群は対照群より有意に改善がみられた。

 

私見・明日への臨床アイデア

・スリングを用いた肩関節運動で脳卒中者の亜脱臼に対して効果があることが示唆された。X線画像で効果判定しているため信頼性が高い結果なのではないかと私は感じた。実際に利用者様に使う前に、スリングエクササイズの最中の患者の反応や、練習後の上肢運動機能や疼痛の有無も知りたいと感じた。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み