トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.183:ブリッジ運動における筋活動

vol.183:ブリッジ運動における筋活動

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

頸部、体幹、下肢の筋活動に対するブリッジ運動の効果

Effects of Bridging Exercise Methods on the Muscular Activity of the Neck, Trunk and Lower Limbs 👈Jstage Youngsang Ryu Journal of Physical Therapy Science Vol. 23 (2011) No. 6 P 867-869

 

本論文を読むに至った思考・経緯

・臨床にてブリッジ運動をお願いすることは多い。今回ブリッジ運動の方法と筋活動に着目した論文を見つけ、興味深かったため読むことにした。

 

論文内容

論文背景・目的

・ブリッジ運動について検討した論文は多々あるが、方法の違いを比較検討した論文は少ない。本論文は異なる肢位でのブリッジ運動の際、頸部、体幹、下肢の筋活動がどう変化するか検討する。

 

方法

14名の健常成人

・ブリッジNo.1:背臥位、両上肢を胸部に置く。膝関節は90°にし、ベッドの外に置く。足底は床に完全に接した状態とする。

・ブリッジNo.2:背臥位、両上肢を胸部に置く。膝関節は90°にし、足底は床に完全に接する。

・ブリッジNo.3:背臥位、胸部に両上肢を置き、股関節と膝関節を90°に屈曲する。足底は壁に完全に接する。

 キャプチャ

図:実験方法

Youngsang Ryu (2011)より引用 

・筋電図は頸部最長筋、胸鎖乳突筋、腹直筋、脊柱起立筋(体幹部)、大腿直筋、大腿二頭筋、前脛骨筋、腓腹筋外側頭に貼付した。

 

結果

キャプチャ1

図:実験方法

Youngsang Ryu (2011)より引用 

・頸部最長筋はNo13No.2より有意に高い収縮が見られた。胸鎖乳突筋に群間の有意差は見られなかった。

・腹直筋はNo.3No.2より有意な筋活動の増加が見られた。

・脊柱起立筋はNo.1,2No.3より有意な筋活動が認められた。

・大腿直筋はNo.1No.2,3より、大腿二頭筋のNo.2No.3より有意に強い筋活動が得られた。

・前脛骨筋は群間の有意差なし、腓腹筋外側頭はNo.2,3でNo.1より筋活動が大きかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・ブリッジ運動の際の足部位置を変えることで全身の筋活動がどう変わるかを調べた論文。各方法ごとに活動する筋が異なるため、対象としたい筋と照らし合わせて使うと有効かもしれない(例えば、頸部伸筋の活動を高めるためにNo.1を使う)。股関節の伸筋としてメジャーな大殿筋の筋活動があると良かった。

 

氏名 鵜澤寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み