トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.168:関節の固定と姿勢の安定

vol.168:関節の固定と姿勢の安定

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

姿勢の安定性と筋活動における足関節と膝関節の固定の効果

The Effect of Fixed Ankle and Knee Joints on Postural Stability and Muscle Activity

👈pubmed Daehee Lee Journal of Physical Therapy Science Vol. 25 (2013) No. 1 January p. 33-36

 

 

本論文を読むに至った思考・経緯

・足関節、膝関節ともに可動域制限を有し、バランス障害を呈する利用者は多い。今回、両関節を制限した場合の重心動揺と筋活動を計測した論文を見つけたため、臨床に役立てられるのではないかと考え、読むことにした。

 

論文内容

論文背景・目的

・姿勢制御には足関節と股関節制御が重要な役割を果たす。またその中間関節である膝関節も運動連鎖の中継地点として非常に重要である。

・脳卒中者や高齢者は上記足関節、膝関節の可動域制限を有するものも多い。本研究では足関節、膝関節を固定した場合の姿勢制御を検討する。

 

研究方法

・若年健常成人48名を3群に分けた。

・足関節固定群

・足関節、膝関節固定群

・対照群(固定なし)

・固定はギプス固定の際に用いられるテープと弾性包帯を使用

・被験者はBiodex Balance System(図)上でOSI(足圧中心(COP)移動量)、APSICOPの矢状面上の移動量)、MLSICOP前額面上の移動量)を計測した。

・筋電図を大腿直筋、大腿二頭筋、前脛骨筋、内側腓腹筋に貼付した。

ダウンロード

図:Biodex Balance System

http://www.pbs.com.hr/eng/biodex.php より引用

 

研究結果

キャプチャ

キャプチャ2

表:実験結果

Daehee Lee (2013)より引用

 

・足関節固定群、足関節膝関節固定群は対照群に比し有意に身体動揺が大きかった。

・前脛骨筋、腓腹筋、大腿直筋に群間の差がみられた。

・対照群は固定群二つと比較し、前脛骨筋の活動が有意に大きかった。

・足関節固定群では腓腹筋の活動が最大で、対照群、足関節膝関節固定群の順に筋活動が低下していった。

・大腿直筋の活動が最大だったのは足関節固定群だった。大腿二頭筋も有意差はなかったが

足関節固定群で最も活動が大きかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・足関節固定では大腿直筋、大腿二頭筋と股関節に作用する筋の活動が高まっており、制限のある関節を代償していることが予想される。

・足関節膝関節固定群では大腿直筋、大腿二頭筋の活動は大きく変化せず、腸腰筋や大殿筋などの股関節を制御する筋の活動がおそらく高まっていると思われる。足関節や膝関節を意図的に固定し、上部に位置する股関節の活動を促すことができるかもしれない。

 

氏名 鵜澤寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み