トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > vol.172:上腕骨頭の安定化における上腕二頭筋腱の役割

vol.172:上腕骨頭の安定化における上腕二頭筋腱の役割

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

Current

 

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

上腕骨頭の安定化における上腕二頭筋腱の役割The role of the long head of biceps brachii in the stabilization of the head of the humerus👈pubmedへ Kumar VP et al.(1989)

 

 

本論文を読むに至った思考・経緯

 

•臨床にて上肢にトラブルを抱える方がおり、上腕二頭筋・三頭筋部分の操作も行う為、よりイメージを鮮明に持てるよう本論文に至る。

 

論文内容

研究目的・方法

 

•上腕骨頭の安定化における上腕二頭筋腱の役割を調査するべく、献体15体の肩で研究した。

 

•上腕骨頭の上方移動は、肩のレントゲン写真にて、肩峰-上腕骨間距離の減少を観察した。

 

研究結果・考察

 

•上腕二頭筋の短頭を緊張させると、肩峰-上腕骨間距離の統計的に有意な減少があった。

 

•上腕二頭筋の長頭または両頭の緊張時には有意な変化はなかった。

 

•両頭が緊張している間に長頭の腱を切断すると、上腕骨頭が著しく上方に移動した。

 

•上腕二頭筋の長頭腱の重要な機能の1つは、強力な肘屈曲および主動作筋による前腕回旋中に関節窩に上腕骨頭を安定させることである。

 

•肩の外科的処置における上腕二頭筋腱の犠牲は不安定性および機能不全を生じ得る。

 

他論文から追記

 

•Basmajianら(1957)は上腕二頭筋腱は、肩甲上腕関節における弱い屈曲と内旋として機能することを示した。

 

•Sakuraiら(1998)は、上腕二頭筋の長頭は、内外旋時に活動的であることを示した。

 

•Itoiら(1994) Rodoskyら(1994)は上腕二頭筋腱は、肩甲上腕関節のねじり剛性を増加させ、動的な前方安定要素として機能することを示している。

 

•Role of the long head of the biceps brachii muscle in axial humeral rotation control(Eshuis R ert al.2012)では、研究結果は、解剖学的位置において上腕二頭筋長頭腱への負荷が内旋に作用し、結果として外旋を制限することを示している。上腕骨の回旋に及ぼす上腕二頭筋腱の影響は、肩甲上腕関節の屈曲約45°以上で変化する。上腕二頭筋腱の結節間溝が肩甲骨面の前方に位置する場合、内旋として作用し、肩甲骨面の後方に位置する場合外旋として作用すると示している。

biceps

 

 

私見・明日への臨床アイデア

 

•上腕二頭筋は決して肘を曲げるだけでなく、上腕骨の軸回旋や前腕運動中の上腕骨頭を関節窩に留める(安定)事に関わる部分もある。肘、肩甲帯にも関わってくるため、上肢治療で見逃せない部分である。上腕二頭筋の触り分けをより明確にしていき、その上で上記論文をはじめ知識を評価・治療に活かしていきたい。

 

氏名 覚正 秀一

職種 理学療法士

 

 

 

STROKE LABコース 2017年度の募集を開始しました!

 

 

%e8%84%b3%e7%a7%91%e5%ad%a6

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み