トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > 脳卒中者のバランスと不安定板:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.145

脳卒中者のバランスと不安定板:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.145

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

動的バランスとCOPの変化に対する不安定板上での足関節制御エクササイズの効果

The effects of ankle strategy exercises on unstable surfaces on dynamic balance and changes in the COP.

👈pubmed Park KH, J Phys Ther Sci. 2016 Jan;28(2):456-9.

 

本論文を読むに至った思考・経緯

・臨床コースにて足部を中心にアプローチすることが増え、足関節制御についても話題に上がることが多い。今回足関節制御に対し直接的にアプローチしている論文を見つけ、その効果を知りたいと思ったため、ブログに掲載することとした。

 

論文内容

論文背景・目的

・足関節制御は小さな動きで身体重心を制御することができるため、姿勢制御や歩行の効率化において重要な役割を担う。

・脳卒中者では足関節の機能低下によりこの制御を使うことが難しくなる。

・不安定板上でのバランス練習は固有受容感覚、筋出力、動的バランスに効果があると考えられるが、論文上で検証したもの少ない。そのため、本論文では不安定板上での足関節制御に着目したエクササイズの効果を検証する。

 

研究方法

30名の脳卒中者(発症から少なくとも半年以上経過)を無作為に3群に分けた

Group A(足関節制御エクササイズ群):不安定板上での立位保持→Group Bのバランス練習

Group B(バランス練習群): 3つのバランス練習①骨盤前方移動かつ体幹左右回旋②歩行③立位リーチ動作での重心移動練習

Group C(対照群):神経発達学的アプローチ

Group ABは神経発達学的アプローチに加え、それぞれの治療を一回15分、週3回を6週間行った。

・アウトカムはCOP移動距離、Berg Balance Scale(BBS)、Timed up and go test(TUG)、Functional Reach Test(FRT)を介入前後で比較した。

 

研究結果

キャプチャ

表:実験結果

Park (2016)より引用

・すべての群のすべての項目で介入前後の値に有意差が得られた。

Group ACOPの側方移動距離、BBSTUGGroup B,Cに比べて有意に改善量が大きかった。

Group ACOPの前後移動距離と総移動距離はGroup Cに比べて有意に改善量が大きかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・不安定板上での足関節制御エクササイズが最もCOP移動量の減少に効果があった。本研究でどういった不安定板を使用したかは定かではないが、「不安定なところに立つ」ととても簡便な方法によって、身体動揺の減少と動的バランスの向上が得られるならば、自主トレーニングとして提供しやすいのではないだろうか。

 

氏名 鵜澤寛伸

職種 理学療法士

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み