トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > 骨盤と歩行(脳卒中後)の関係:リハビリ論文サマリー vol.96

骨盤と歩行(脳卒中後)の関係:リハビリ論文サマリー vol.96

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

脳科学系

 

タイトル

脳卒中患者における骨盤変位とバランスと歩行能力の関係Correlation between balance and gait according to pelvic displacement in stroke patients👈PMCへSeon Woong Kong et al.(2015)

 

はじめに

 

•骨盤は全体的な姿勢の重要な要素である。脊柱と下肢をつなぎ、座位で荷重を受けたり、立ち上がり時など脊柱から下肢に体重を移すのを助ける役割を果たす。

 

•骨盤~下肢間のマルアライメントは、下肢および体幹の安定性に影響し、正常歩行を困難にします。 骨盤傾斜エクササイズは、脳卒中患者におけるバランスと歩行能力を阻害している非対称骨盤に対して良好な影響を与える。

 

•左右の骨盤の勾配の差が多様な臨床症状を引き起こすことが報告されている。したがって、このような骨盤の勾配の差と歩行とバランスの相関に関する研究が必要である。

 

 

【目的】

 

•本研究の目的は、脳卒中患者の骨盤変位に応じたバランスと歩行の相関を調べることであった。

 

【参加者】

 

•本研究の対象は、入院した58人の脳卒中患者であった。(25人の左片麻痺患者と33人の右片麻痺患者)

 

【方法】

 

•骨盤変位は、Global Postural System(GPS)を用いて測定した。デジタルカメラを用いて被験者を撮影した。その後、写真を使用してアライメントを分析した。信頼性を向上させるために、測定を3回行い、平均値を分析に使用した。

 

•バランス能力を測定するために、Tetraxバランスシステムを用いて荷重配分の指数および安定性の指数を測定した。被験者の体重分布指数(WDI)および安定性指数(SI)を、目を開閉して測定した。Tetraxバランスシステムは、4つの独立したフォースプレートで構成されています。 4つの力プレートは、左右の足の前足および後足の垂直圧力の変化を測定します。

 

•歩行能力は、10メートル歩行テストおよびFigure-of-8 Walk Test8フィート歩行テストの間に測定された。

 

•旋回歩行能力を測定するために、Figure-of-8 Walkテスト(F8WT)を使用した。全長1.52m、幅1.21mの2つの障害物を円内に配置した。被験者は2つの障害の中間点に立って試験を開始した。被験者が1つの障害物を反時計回りに回り、次の障害物を時計回りに歩いてから元の位置に到達するまでの時間を測定した。

 

【結果】

 

rrf

 

•本研究の結果は

1)骨盤変位の上前腸骨棘の高さの差と体重/荷重分布指数(WDI)との間に有意な正の相関があった。

 

2)閉眼正常位における上後腸骨棘高さの差と安定性指数(SI)に有意な正の相関があった。

 

3)上前腸骨棘高さの差と直進歩行能力と旋回歩行能力との間に統計学的に有意な正の相関が見られた。

 

•脳卒中患者における骨盤変位の増加は、バランス能力および歩行速度の低下をもたらす。これは、脳卒中患者の機能トレーニングの前に、骨盤変位の制御が必要であることを示唆している。

 

•骨盤変位に関して上前腸骨棘(ASIS)および上後腸骨棘(PSIS)の高さの差は、それぞれ12.9±9.8mmおよび4.8±2.5mmであった。左側のASISとPSISの高さの差は43.1±22.0mmであり、右側のASISとPSISの高さの差は39.4±21.7mmであった。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

•骨盤周囲には多数の体幹や下肢の筋が付着している。脳卒中患者といっても、麻痺の程度により、それらの筋の状態に差が出現し、骨盤のアライメントへの影響にも差が出ると思われる。そこで、他文献では脳卒中後の立位における側方骨盤傾斜は、Brunnstrom stage下肢運動回復段階3および4の脳卒中患者において体幹コントロール能と適度に相関すると述べている。stage5では、麻痺の状態としては軽い為、特に体幹のコントロール能の個人差が骨盤の変位の程度と関係しているようである。

111

2222

3333

Pelvic alignment in standing, and its relationship with trunk control and motor recovery of lower limb after stroke(2016)

 

•脳卒中では筋腱等の状態の変化が著明に出現する為、それらを考慮して3Dで骨盤のアライメントを捉えることが求められる。その捉えた情報を課題動作獲得とリンク付けして意味のある練習をする必要がある。

 

•空間的な認知や感覚障害等も考慮して検討が必要である。

 

 

氏名 Syuichi Kakusyo

職種 理学療法士

 

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み