トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > vol.342:脳卒中患者へのコーチングの効果

vol.342:脳卒中患者へのコーチングの効果

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

脳卒中患者へのコーチングの効果

Efficacy and Safety of Individualized Coaching After Stroke: the LAST Study (Life After Stroke) A Pragmatic Randomized Controlled Trial👈PubMed Askim T et al.(2017)

 

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

 

・患者の退院時ホームエクササイズ指導などを考えていた際に、ホームエクササイズが本当に効果があるのか、どのようなホームエクササイズが効果的かを考えた過程で本論文に至る。

 

内 容

背景

 

・脳卒中後の長期的視点での機能低下を予防するための介入のエビデンスは欠けている状態です。

 

目的

 

・個別に身体活動と運動についての定期的なコーチングを18ヶ月間フォローアッププログラムとして行った場合の有効性と安全性を評価することであった。

 

方法

 

・多施設共同で行った。脳卒中後10~16週の退院後の脳卒中患者380名を定期指導群と通常ケア群に分けて検証した。

 

・アウトカムとしてBarthel index/modified Rankin Scale/item 14 from Berg Balance Scale/Timed Up and Go test/gait speed/6-minute walk test/ Stroke Impact Scaleを評価した。

 

・二次的なアウトカムとして有害事象の頻度・訓練日記、国際身体活動アンケートを記入した。

 

結果

 

・Barthel index・modified Rankin Scale・item 14 from Berg Balance Scaleはグループ間で差はなかった。

 

・再発などの有害事象の頻度は両群とも低かった。

 

・訓練日記、国際身体活動アンケートでは活動レベルは上昇したが、運動の強度は低かった。

 

・結論として、定期的な個別指導は、標準的ケア群と比較して、運動機能の維持または二次的アウトカムを改善しなかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

・マニュアル的な指導でなく、個別性で対応すべきである。現在効果的な訓練内容がどのように行えば自宅でも行えるのか、それがどのような事に繋がっていくのかを考えていく必要がある。

 

・病院と在宅では生活の仕方が大幅に変わると考える。その場合に起こり得るギャップを考慮して指導していく必要がある。

 

 

氏名 shuichi kakusho

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み