トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 舌の感覚フィードバックと姿勢制御:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.164

舌の感覚フィードバックと姿勢制御:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.164

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

舌の感覚フィードバックと姿勢制御Sensory supplementation system based on electrotactile tongue biofeedback of head position for balance control.👈pubmedへ Vuillerme N.et al.(2007) 

 

 

本論文を読むに至った思考・経緯

 

•舌を含めた頭頚部の理解を深め、STとの連携も深められるように本論文に至る。

 

論文内容

論文背景

 

•バランス制御のためのバイオフィードバックは、身体の向きおよび動きに関する補足情報を供給し、視覚・体性感覚および前庭感覚の手がかりを代用または補うことが示されている。

 

•舌の体性感覚システムは最近、ますます関心を集めている。

 

•舌はその緻密な機械受容性の知覚とホムンクルスからも分かるように大きな体性感覚領域を有し、舌は皮膚が持つよりも高い解像度の情報を伝えることができます。加えて、電解液である唾液の存在は、電極と舌表面との間の非常に有効な電気的接触も保証し、高電圧および電流を必要としない。

 

研究目的

 

•本研究は人為的に頭の位置を設定され、その状態において『舌置き電気触覚バイオフィードバック』を行い、支持面とは異なる部分からの体性感覚が静止立位における姿勢制御にどのような影響を与えるかその効果を調べることである。

 

研究方法

 

•8人の若年の健常人が参加した。

 

•Biofeedback(下図)とNo-Biofeedbackの2つの条件で実行された。

ewv

 

•床面は安定した硬質の床面と不安定面(厚さ6cmの発泡体を使用し、足部からの体性感覚情報の質/または量を変えた。)の2種類で行われた。

 

•開眼・閉眼にて行われ、できるだけ動かないよう指示された。

 

•フォースプレートを使用して、足の圧力中心(CoP)変位を記録した。

 

研究結果

 

•発泡体(不安定面)では硬質と比べBiofeedbackおよびNo Biofeedback共に、より大きなCOP移動が観察された。興味深いことに、この不安定化の影響は、BiofeedbackではNo biofeedbackよりも影響を受けていませんでした。

eb

 

•舌の電気刺激により重力の鉛直線に対しての頭の向きに関する補足情報を提供することが示唆された。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

•「舌」は姿勢制御を行う上で、身体の情報を知覚する際に補足的に情報を提供し得る。

 

•舌または下顎の偏位等は、偏った身体の知覚情報を提供し、姿勢にも影響してくるのではないかと推測する。

 

氏名 覚正 秀一

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み