トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 歩行 > 地域在住高齢者の活動レベルと転倒リスク:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.163

地域在住高齢者の活動レベルと転倒リスク:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.163

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

歩行

 

タイトル

地域在住高齢者の活動レベルと転倒リスク

Physical activity level and fall risk among community-dwelling older adults

👈Jstage Sok Teng Low Journal of Physical Therapy Science Vol. 29 (2017) No. 7 p. 1121-1124

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・訪問リハビリをしていて転倒予防を目的に介入することが多い。今回、身体活動のレベルから転倒リスクをある程度文献的に予測できれば、ケアマネやヘルパーなどに説明しやすいのではないかと考え、本論文を読もうと思った。

 

内 容

背景・目的

・非活動が死亡率や転倒率の上昇に寄与しているとの報告があり、本論文にて活動レベルと転倒リスクを横断的に検証する。

 

方法

 ・マレーシア在住の132人の高齢者(60歳以上)

・ショッピングモールや公園、住宅地などで参加を募った。

・転倒リスクの評価に、Fall Risk Assessment Tool (FRAT)を使用した

511点は低リスク、1215点は中等度のリスク、1620点は高リスクである。

・活動レベルはRapid Assessment of Physical Activity (RAPA)を使用した。RAPA1は有酸素運動のレベル、RAPA2は筋力と柔軟性の評価をする。

 

結果

キャプチャ

表:実験結果

Sok Teng (2017)より引用

 

・転倒リスクは低リスクが94.7%、中等度が5.3%だった。

・活動レベル(RAPA1,2)は転倒リスクと相関が見られなかった。

・座位生活をしている人が26.5%、軽度の運動をしている人が50.8%だった。

・筋力トレーニング、柔軟性向上をしていない人は77.3%だった。

 

私見・明日への臨床アイデア

・本研究の結果をみて、主観的に転倒リスクが低い(中等度リスクが5.3%)と感じてしまった。こう感じた原因を考えると、私は総合病院や訪問リハに従事してきたため、対象者は常になんらかの障害を抱えており、転倒リスクも高い方が多いと感じていた。今回の研究は買い物ができるレベルの高齢者であり、私が関わっている高齢者とは身体能力が違うのにも関わらず、高齢=転倒しやすい、と知らず知らずのうちに拡大解釈してしまっていたことが原因だと思う。常に対象者の個別性を評価し、日々の臨床に向き合いたい。

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み