トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 視覚情報と姿勢制御:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.162

視覚情報と姿勢制御:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.162

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」 📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

Current

 

 

キャプチャ

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

 

カテゴリー

神経系

 

タイトル

立位姿勢の制御における視覚フィードバックの特徴

Characteristics of visual feedback in postural control during standing.

👈pubmed Fukuoka Y IEEE Trans Rehabil Eng. 1999 Dec;7(4):427-34.

 

なぜこの論文を読もうと思ったのか?

・視覚、体性感覚、平衡覚が協調的に働くことで身体重心の動揺を感知し、立位を制御する。視覚の立ち直りは1Hz以下の遅い動揺のみに働くとあり(中村隆一、2003)、3つの中では重要度が低いのではないかと感じた。実際にどのように研究されていたのか興味を持ち、本論文を読みたいと思った。

 

内 容

背景・目的

・先行研究にて平衡覚からのフィードバックが姿勢制御に及ぼす影響は調べられているが、視覚のみを検討したものはない。本論文では視覚のみに焦点を当て実験する。

 

方法

キャプチャ2

図1:実験方法 Fukuoka (1999)より引用

 

・5人の健常成人

・体性感覚と平衡覚を抑制するため、裸足立位で実験装置に頭部を固定し、さらに足関節角度が一定になるようにした(図1)。

・眼前で横線が上下移動した際の反応を記録した。

 

結果

キャプチャ3

図2:実験方法 Fukuoka (1999)より引用

・0.4Hz以上から重心動揺が消失している

 

私見・明日への臨床アイデア

・先行研究と同様に0.4Hz以上の速い視覚刺激は姿勢制御に影響しなかった。鏡を用いて、視覚からのフィードバックを代償的に促すことは多いが、どこまで視覚情報が運動学習に役立っているのだろうか?興味があるため調べていきたいと思う。

 

引用文献

中村隆一(2006).基礎運動学 医歯薬出版

 

 

氏名 鵜澤 寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

病院内 スタッフ育成サポート

 

 

教育写真

スタッフ教育を効率的に進めてみませんか?

 

ハンドリングや中枢神経系への教育は、STROKE LABへご相談ください。

 

2017年12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み