トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > バイオメカニクス > 腓腹筋のトルクと関節角度の関係性:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.150

腓腹筋のトルクと関節角度の関係性:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.150

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

 

Current

 

 

 

カテゴリー

バイオメカニクス

 

タイトル

腓腹筋のトルクと関節角度の関係性Knee and Ankle Joint Angles Influence the Plantarflexion Torque of the Gastrocnemius👈PMCへDennis Landin.et al.(2015) 

 

 

本論文を読むに至った思考・経緯

 

•足部、足関節へ介入することは多い。より知識を深め、より意味のある治療を行いたいと思ったため。

 

論文内容

論文背景

 

•腓腹筋(GAS)は、膝と足関節の両方をまたぐ下肢唯一の二関節筋である。他の二関節筋と同様に両方の関節がその長さ-張力曲線に影響を及ぼす。底屈筋としてのGASの役割は確立されている。

 

•現在の研究では、(PF)底屈トルクが膝関節および足関節の角度変化によりどのように変化するかは研究されていない。

 

研究目的

 

•研究目的は、膝関節と足関節角度の組み合わせでGASが発生する底屈力を調査する事である。

 

研究方法

 

•26人の女子学生の右下肢のGASが対象となった。

 

•24通りの膝と足関節の角度の組み合わせで行われた。

 

•Biodexを使用し、等尺性PFトルク(Nm)を測定した。

 

•GASは表面電極を取り付けられ電気刺激された。

 

•データは三通りの方法で記録された①passiveモーメント:電気刺激なしの状態で作られた底屈モーメント②maximum モーメント:passive モーメントを含む電気刺激中の最も高いPFモーメント③stimulated モーメント:電気刺激にて得られたPFモーメントからpassiveモーメントが引かれたPFモーメント

 

研究結果

 

腓腹筋

•完全に伸展した膝(0°)および背屈した足首(+ 15°)が最高トルクを生じ、105°の膝屈曲および足関節背屈(-15° )は最小値を生じた。

 

•腓腹筋から最大PFトルクを生成するには、可能な限り膝を伸展し、足関節を背屈させる必要がある事が示された。

 

他論文より追記

•The function of gastrocnemius as a knee flexor at selected knee and ankle angles.(Li Li et al.2002)

 

•腓腹筋は膝関節屈筋としても重要である。

 

hihukukin

•GASの膝屈曲モーメントが最大となるのは、全ての足関節角度にわたり、膝関節が真っすぐ伸びた(論文上180°)の状態であったと示されている。

 

•膝関節角度が160°~180°の間で膝屈曲モーメントは2倍程度の差があることが示された。⇒十分な膝の伸展がGASによる膝関節の安定に必要である

 

•膝関節の角度が90°以下の時、膝屈曲モーメントはほとんど認められなかった。

 

私見・明日への臨床アイデア

 

•ゴムが十分に引き延ばされ、離した時に力強く縮むように、筋も十分に引き延ばせるという事は力の発揮にとても大切である事が分かった。収縮させる力だけを見るのでなく、力を蓄えたまま遠心的にどれ程伸ばせるかも大切であると感じました。

 

•腓腹筋の機能評価として、膝伸展・足関節背屈角度の評価は有用である。

 

氏名 覚正 秀一

職種 理学療法士

 

 

院内スタッフ育成へのサポート

 

 

ハンドリングや中枢神経系への介入に対する院内教育に関しては、STROKE LABへご相談ください。

 

現在12月まで7施設の病院からご依頼を頂いており、計14回の講義・実技を行う予定です。

 

スタッフ

 

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み