トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 論文アイデア > 上肢 > MRIでみる脳卒中者の肩の痛み:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.129

MRIでみる脳卒中者の肩の痛み:脳卒中(脳梗塞)リハビリに関わる論文サマリー vol.129

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。 Facebookで更新のメールご希望の方は👉こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

 

Current

 

カテゴリー

上肢

 

タイトル

脳卒中者の肩関節痛 -MRIの所見から-MRI findings in Painful Post-stroke Shoulder

👈PubMed Rajiv R Shah Stroke. 2008 Jun; 39(6): 1808–1813.

 

本論文を読むに至った思考・経緯

本論文は脳卒中者の痛みに対し、MRIで疼痛原因を追究している。痛みの原因を知る一助になると考え読もうと思った。

 

論文内容

研究背景・目的

脳卒中者の肩関節の構造的な異常を見つけ、臨床症状との関係性を調査する。

 

研究方法

・脳卒中者(発症から3カ月以上、肩関節痛が発生してから3カ月以上)

VAS、亜脱臼の程度、筋機能、感覚を計測

・MRIにて腱板、上腕二頭筋、三角筋の損傷、腱炎、萎縮を評価。さらに肩峰下滑液包、関節唇異常、肩鎖関節包の肥厚を評価

 

研究結果

89名の脳卒中者の肩関節を計測

・男性67

・発症から平均61週経過、痛みが発生してから平均53.4週経過

・肩甲上腕関節の亜脱臼は平均0.89横指

 

キャプチャ

表1:腱板筋の損傷割合

Rajiv (2008) より引用

 

 ・損傷のない腱板筋の割合は、棘上筋で66名、棘下筋で76名、小円筋で88名、肩甲下筋で88名だった。

・完全断裂は棘上筋で5名、棘下筋で2名だった。

・小円筋、肩甲下筋の損傷はほぼみられなかった。

・二頭筋の断裂は1名でみられた。

・三角筋の断裂はなかった。

・少なくとも一つの筋の断裂を示した被験者は31名、二つ以上は14名だった。

・一つ以上の筋の腱炎を呈していたのは56名、複数の筋では18名だった。各筋では棘上筋で45名、棘下筋で17名、肩甲下筋で9名、上腕二頭筋で6名、その他の筋では腱炎はみられなかった。

・筋萎縮は棘上筋で20名、棘下筋で18名、小円筋12名、三角筋で18-20名、上腕二頭筋で12名だった。

・関節唇損傷は9%、肩峰下滑液包炎は26%、肩鎖関節の肥厚は67%にみられた。

・より高齢な患者に棘上筋損傷が多かった。

 

キャプチャ1

図1:年齢と棘上筋損傷割合

Rajiv (2008) より引用

 

・発症から27.5週未満の被験者に棘上筋、棘下筋損傷が多く見られた。

 2

図2:発症期間と棘上筋、棘下筋の損傷割合

Rajiv (2008) より引用

 

私見・明日への臨床アイデア

・肩甲骨の正常なアライメントの学習、そこからの挙上動作の反復により前鋸筋・僧帽筋下部線維の筋活動の正常化、さらに痛みの緩和が図れることが示唆された。

・今回は自動運動中心の介入で肩甲骨周囲筋の筋活動に変化が見られた。徒手による筋への刺激を加えることでより効果の高い治療が展開できると考える。

 

氏名 鵜澤寛伸

職種 理学療法士

 

 

 

STROKE LABコース 2017年度の募集を開始しました!

 

 

%e8%84%b3%e7%a7%91%e5%ad%a6

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み