トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 脳卒中サバイバーの立ち上がりの特徴 転倒しやすいヒト、しにくいヒト その① 立ち上がりのスピード

脳卒中サバイバーの立ち上がりの特徴 転倒しやすいヒト、しにくいヒト その① 立ち上がりのスピード

お疲れ様です。

 

STROKE LAB代表の金子です。

 

ブログをできるだけたくさん書く、という目標を掲げてますが、ネタが切れてきてます。

 

もう歳ですかね??

 

そういう時は専門系へと向かいます。

 

専門系へと移行しているときはネタが切れている証拠です。あしからず。

 

さて、今日のネタは

 

脳卒中サバイバー(患者さん)の方々の立ち上がりの特徴です。

 

特別な事は書いていないです。皆さんが知っていることです。

 

ただ、論文なので数値化されていてわかりやすいです。

 

また、「健常人」「転倒しない脳卒中群」「転倒しやすい脳卒中群」の3つに分けています

 

以下にシンプルな数値を掲載しています

 

立ち上がり

まずいちばん最初!!!

 

当たり前ですが、転倒しやすい群が一番立ち上がりに時間を要しています。

なぜゆっくり立たなければならないのか?そこには理由がそれぞれあるはずです。

筋力の弱さ、麻痺の影響、転倒への恐怖心、非効率な運動パターン、感覚低下、代償などなど

 

結論!!「ゆっくり立つ患者さんは転倒しやすい!! 」

と、単純に結論付けてはいけません。

 

転倒しやすい群のスピードの平均値は4.32±2.22です

2.22も幅があります。 つまり、転倒しやすい患者さんで2秒ちょいで立つ人もいるのです。

 

僕が新人の頃、すぐに立って車いすに移れる患者さんがいました。

 

僕はそれを見て!!「すごい!!そんなに早く移れるんですね。筋力もあるし。転倒しないね!車いす移乗自立…」

 

ところがっどこい、、その患者さんは3日後転倒しました。

 

今なら評価できますが、筋力や慣性(Momentum)を最大限に利用して、移る方もいます。

 

そういう方はむしろゆっくり移れません。ゆっくりはいい意味でも悪い意味でもFeed back使っていますから。

 

早く移るヒトはFEED BACKは最小限です。FEED FORWARD優位で、

 

狙いは定めた!!動くなよ椅子!!俺すぐにお前のところに向かうからいいな!!みたいな感じで、ある程度予測立てたらそのままGOです!!つまり制御・制動CONTROLができないんです

 

そういう場合、仮に床が滑りやすかったり、ブレーキかけ忘れていたり、座面のクッションがすべりやすかったり、、 などなど、「不都合な真実」が重なっていたらどうなるでしょうか!?

そのままスッテンコロリンですよ。

 

FEED BACKを状況に応じてupdateができるかがミソです!!

 

つぎに・・もう寝ます。今日のテーマは1年目セラピストでしょうか??

明日は2つ目の下肢荷重の左右差について説明します。

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み