トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 脳卒中(脳梗塞・脳出血)片麻痺のリハビリ:先行随伴性姿勢調整の組織化-The Organization of Anticipatory Postural Adjustments 2002 –

脳卒中(脳梗塞・脳出血)片麻痺のリハビリ:先行随伴性姿勢調整の組織化-The Organization of Anticipatory Postural Adjustments 2002 –

脳神経系論文に関する臨床アイデアを定期的に配信中。
Facebookで更新のメールご希望の方は→こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」
📺臨床に即した実技動画も配信中!👉こちらをClick!!(YouTube)

APAs

カテゴリー

脳神経系

タイトル

先行随伴性姿勢調整の組織化 → 原著 The Organization of Anticipatory Postural Adjustments (2002)

 

内容

中枢神経による姿勢制御は予測と代償性姿勢調節を介して表現される。

・予測性姿勢制御(APA)は姿勢動揺を予期して動揺を最小限にする

・代償性姿勢制御(Compensatory reaction)は効率のよいAPAsの不十分さの結果に生じる動揺を処理するシステムである

 

APAs生成のプロセスは3つある

① 予測した動揺の方向や程度:体節を多く使う運動は共通してCOG の大きな重心移動を伴う。荷重のない上肢の挙上よりも、荷重のある上肢挙上の方が予測性姿勢制御の持続は増大する。予測性姿勢制御は動揺のタイミングや揺れのレベルに応じ姿勢筋活動の変化を認めた
② 動揺に関連した随意運動:proximal の活動は運動時に反対方向に大きな予測的な活動の増大を示す。すばやい運動は予測性姿勢制御の増大を生むし、ゆっくりした運動は予測性姿勢制御の活動は減少する。
③ 姿勢のタスク:姿勢が不安定なときAPAsは出現しなくなる。狭い支持面での腓腹筋の活動は、安定した支持面での同課題に比べ予測的な筋の発火は減少した。姿勢が不安定なときAPAは小さくなる。前額面よりも矢状面の方がInstabilityのAPAへの影響は大きい。

図1

RF:大腿四頭筋の略→Rectus Femoris Reg :標準姿勢の略→regular

姿勢の不安定性な状況下でのAPASの欠如はCNSの防御的なstrategyの表出であると仮説が浮かぶ

図2
 
 

明日への臨床アイデア

臨床において対象者のバランス、特に体幹の制御が乏しい場合、内側系が働かずAPA が乏しいなど単純に評価するのではなく、上記3点のポイントを意識し、姿勢の課題や運動課題、動揺の程度、代償はどの程度か?動作の速い遅い、予測しやすい条件化か?などAPAsが駆動しずらい原因を探ることが、治療へのアイデアにつながると思われる。

 
そしてその反応が予測性なのか?代償性なのかを区別した分析が重要。
 
 

氏名 金子 唯史

所属 STROKE LAB

職種 作業療法士

経験年数 13年目


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み