トップへ戻る

TOP > 療法士専門系 > 脳卒中(脳梗塞・脳出血)片麻痺のリハビリ:車いす座位姿勢のデメリット

脳卒中(脳梗塞・脳出血)片麻痺のリハビリ:車いす座位姿勢のデメリット

毎週月・水・金の19:00より、闘うTherapyのバックナンバー配信しています。
Facebookで更新のメールご希望の方は→こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

old-man-in-wheelchair

金子コメント:今日は長時間座位に関するお話です。

 

どうしても寝たきりと比較すると座位の方がマシと考え、車いすに長時間座位を強いられる患者さんって多くないですか??

 

座位は座位でリスクがあるんです。臥位よりも屈曲が要求されるので抗重力活動が乏しい患者さんにとってはますます屈曲や疲労を強めてしまうということです。

 

だからって座位にするな!!とは言いません。大事なのは

 

「姿勢を多く変える機会を提供すること」

だと考えます。

 

これにはマンパワーが要求されるので、どこまでできるかは環境によると思いますが…

 

臥位、座位、立位、だけでなく、臥位でも側臥位や腹臥位、枕のポジションの位置など多くの姿勢があります。座位でも「車いす」「硬い椅子」「高座位」「あぐら」「タオルや枕を本人に合わせて入れ込む」「何か課題をやってもらう」

 

などなど多様です。この多様性を生活の中でできるだけ多く取り入れることが、よりよい姿勢管理、拘縮や痛みの軽減につながるのではないでしょうか??

 

長時間座らせられている担当の患者さん、ハムストや腸腰筋が短縮し、もはや長軸方向に伸びる機会を失ってしまっていませんか??日々の姿勢管理を考える必要があるかもしれません。

 

本文contents

長時間の車椅子乗車による弊害
寝たきり予防・・・病棟では寝たきりを予防するためにできるだけ車いす乗車を行ってくれます。

 

もちろん、OTとして起居やトランスファー、車いすでのACTIVITYなどで何かお役に立てたらと思うのですが・・・・

 

気づくことがあります。
ベッドから起こして車いすに移す時のトランスファーと車いすに2時間座った患者さんのトランスファーは、後者の方が介助量が重いことがよくあります。

 

片麻痺の患者さんでは立った瞬間股関節屈筋群の伸張反射により、麻痺側かしが空中に浮いてしまったり、ハムストリングスの伸張反射により、膝が屈曲してしまい、ロックしにくくなる患者さんがいらっしゃいます。

 

一方で、大殿筋などは伸張位に固定されstretch weaknessの状態になり、トランスファー時に殿筋収縮をアシストしようとしても、滑走を作り出せず、うまく立位を安定させにくくなってしまいます。

 

寝たきり予防のためには、臥位と坐位、立位の頻度が重要な要因の一つではないでしょうか?

 

以下 image

っsw

 

お知らせ information

*2015年度の平日コースは3月までいっぱいですが、月1回の休日コースはまだ空いております。また2016年の塾生も募集しております。すでに以上埋まってきております。

お申し込みは→ こちら
*来年STROKE LABの情報部門を強化したいと思っています。
・一般の方に脳の病気などを分かりやすく伝えたい
・脳や神経に関する専門書籍や文献をまとめていくことを習慣化したい
・脳神経に関連する英論文のサマリーを療法士に伝えたい

などなど…ブロガーになりたい方、ご連絡お待ちしています。

t.kanekoあstroke-lab.comまで 「あ」を@に変えてメールください。
*Tap up TVにて僕の講義と実技が公開されています。あと2本公開される予定です。お楽しみに。

*研修場面の動画を作成しました(患者様をご紹介されたセラピストの見学・実技は無料となっております)


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み