トップへ戻る

TOP > 脳科学トピック > <脳科学トピック>ミラーセラピーを行うと介入を終えた後もADLが改善する!?

<脳科学トピック>ミラーセラピーを行うと介入を終えた後もADLが改善する!?

脳科学に関連するトピックを定期的に配信しています。 Facebookで更新のメールご希望の方は→こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

 

 

ミラーセラピーを行うと介入を終えた後もADLが改善する!?

 

 

ミラーセラピーは,鏡に映る一方の手の運動を見ることによってあたかももう一方の手が動いているかのように錯覚を起こさせるものです.脳卒中患者さんの運動機能回復や,四肢を切断された患者さんの幻肢痛の改善に貢献することが明らかにされています.

 

今回紹介する研究では,亜急性期脳卒中患者さんに4週間のリハビリテーション+ミラーセラピーを実施することで4週間後,さらにリハビリテーションを終えてから6ヶ月後の運動機能にどのような影響があるのかを調査しています.

 

 

《従来のリハビリテーション+ミラーセラピーの効果を検証》

 

対象は35名の脳卒中患者(男性27名、女性8名).18名をミラーセラピー群,17名をコントロール群とした.両群とも週6日,2~3時間のリハビリテーション+1時間のホームエクササイズを4週間にわたって実施しました。.リハビリテーションの内容は神経筋促通手技,理学療法,作業療法,必要であれば言語聴覚療法.ミラーセラピー群はそれに加えて1日30分のミラーセラピーを実施しました.

 

 

 

《介入を終えてから6ヶ月後にFIMの有意な改善が認められた》

 

結果として,4週間後,ミラーセラピー群はコントロール群と比較してBrunnstrom Stage,Action Research Arm Test,FIMの点数が有意に改善しました.さらに,リハビリテーションは4週間で終了しているにもかかわらず,6ヶ月後のフォローアップ時点にてミラーセラピー群はFIM点数が有意に改善していたことがわかりました.

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-22-31-52

 

 

介入を終えてから6ヶ月後にFIM点数が改善していた理由までは明らかになっておらず,今後の研究が期待されます.リハビリテーションの時間が少なくなってしまう生活期のADL改善を考える上では,この結果は参考になるかもしれません.

 

参照文献
Tripathi, Deo Rishi, et al. “Efficacy of mirror therapy in subacute stroke: A case-control study.” (2016).

 

 

(文責:針谷遼)

 

 

 

STROKE LABコース 募集中

 

stroke-lab

STROKE LABでは療法士向けの脳科学講座/ハンドリングセミナーを行っています!👆上記写真をClick!!👆

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33
脳科学コースへの直接のお申し込みページはこちらをClick!!👆

 

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み