トップへ戻る

TOP > 脳科学トピック > <第7回:脳科学講座Blog>感覚・知覚・認知,運動制御編

<第7回:脳科学講座Blog>感覚・知覚・認知,運動制御編

脳科学に関連するトピックを定期的に配信しています。 Facebookで更新のメールご希望の方は→こちらのオフィシャルページに「いいね!」を押してください。」

 

 

キャプチャ

 

 

感覚・知覚・認知とは?

 

感覚・知覚・認知,何気なくよく臨床で使用される言葉ですが,その意味合い・・・理解していますでしょうか?

 

おさらい,復習も兼ねて以下に記載します.

 

感覚(Sensation)

刺激により生体内外の状態を知る機能

 

知覚(Perception)

感覚されたものの強さ,大きさ,硬さなどの性質を知ること

 

認知(Congnition)

知覚したものが何であるかを判断したり,解釈すること
過去の自分自身の経験に基づく記憶に照らし合わせて判断するプロセス

 

キャプチャ2

 

感覚には,視覚・前庭感覚・体性感覚(深部感覚,表在感覚,温痛覚 etc.)とありますが,ヒトは自己の姿勢を保持するうえで前記した感覚に対して「重み付け」を行っています.

 

上図のように,ヒトの姿勢制御における感覚フィードバックは,視覚が10%,前庭感覚が20%,固有受容感覚(体性感覚)が70%で姿勢を調整しています.

 

バランスを取るうえで,如何に体性感覚が重要かがわかりますね・・・

 

 

運動制御とは?

 

運動制御とは,ヒトが運動パフォーマンスに関わる筋肉や手足を活性化し,協調するために脳もしくは認知を使用するプロセスのことを言います.

 

キャプチャ3

 

運動制御の中身

 

運動制御をはじめとするヒトの行為は,3つの段階から構成されます.

 

どの段階で障害が生じても,ヒトの行為は制限されてしまいます.

 

運動プログラム??

運動を実行する前に脳の中で作られる運動の実行計画のことを指します.
第3回の基底核・小脳編でもお話しましたが,External loopやInternal loopなどが関与してきます.

 

運動実行??

計画に基づき,実際に運動を行うことを指します.
種々の神経下降路が運動実行に関わってきます.

 

感覚フィードバック??

実行した運動の結果を教えてくれることを指します.

 

この結果のフィードバックには,「意識に上る感覚」と「意識に上らない感覚」があります.
小脳に到達し,姿勢・運動制御に関与する感覚は意識には上りません.

 

運動の調整??

計画した運動と実行した運動が一致していなかった場合に修正することを指します.
運動結果をモニタリングする小脳にて誤差を検出し,Realtimeで運動の調整を図っています.

 

 

 

 

Photo 5-24-16, 9 19 18 PM

 

講義内容も「基礎的な内容を応用して,臨床応用に置き換えて考える」,といった頭を整理しながらアイデアを練るという臨床向きなDiscussionとなってきました.

 

自分なりのアイデアを提示しながら,受講生の皆さん真剣に取り組まれていました.

 

 

 

(編集:齋藤 潤孝)

 

 

 

お知らせ information

Bridgeコラボ

 

10名超え

 

 


  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • カレンダー

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • twitter

  • 無料
    カウンセ
    リング

    お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

    無料カウンセリングの
    お申込み