トップへ戻る

臨床コース 

TOP > 臨床コース 

 

 

臨床コース (12名程度)

 

 

臨床コースは金子唯史が担当し、毎週水曜19:00~21:00に実施されます。半年間にまたがるカリキュラムとなっており、臨床に応用できるよう個別性を強調した評価や実技ハンドリングをご提示します。
臨床コースでは2018年5月に医学書院より発売された「脳卒中の動作分析」の教科書を活用しながら講義・実技を行います。また、実際の症例への介入を動画で確認しながらの臨床推論や実技展開も組み込まれています。
上半期と下半期は教科書の説明に関してほぼ同じですが、実技内容は個別性に合わせたリアルタイム介入なので異なります。

 

月謝(毎月初回受付時に徴収させていただきます)

 

頻度(1ヶ月4コマ) 月謝(税込)
1ヵ月のみ 39,800円
2-5ヵ月 34,800円
6-10ヵ月 29,800円
11-12か月  24,800円

 

キャンセル料金
  • キャンセル料金発生日 3週間前 料率受講費の10%
  • キャンセル料金発生日 3週間~1週間前 料率受講費の50%
  • キャンセル料金発生日 1週間前~ 料率受講費の100%

*このキャンセル料金はコースが始まる前に適応される料金です。コースが始まってからのキャンセルはできませんので、参加予定の月謝は徴収させていただきます。

*本コースご参加希望の方は、事前に「脳卒中の動作分析」をご購入して頂く必要があります。

 

 

 

プログラム内容 *1ヶ月4回の実施です。水曜が5回ある月は最後の週は休みになります。

 

 

 

4、10月 臨床推論と動作分析/ハンドリングに必要な10のポイント

臨床推論と動作分析の知識/ハンドリングに必要な姿勢への意識、評価に必要な考え方3次元的視点、治療に重要な介入ポイントをトレーニングします。

 

 

5,11月 体幹機能(寝返り・起き上がり)

コアコントロールと呼吸、寝返り、起き上がり、症例動画から考える体幹機能と臨床推論

 

 

6、12月 STS(立ち上がり、着座)

立ち上がりのバイメカ、神経学的側面を中心に知識と症例動画に対する実技・臨床推論

 

 

 

7、1月 上肢機能の評価と治療 

肩甲骨操作、肩甲上腕関節、肘関節と前腕コントロール、症例動画から考える上肢機能と臨床推論

 

 

8、2月 手

リーチとpreshaping、前腕操作と外在筋操作、手内筋操作、症例動画から考える手の機能と臨床推論

 

 

9、3月 歩行機能の評価と治療

立位制御、片脚立位、ステッピング、症例動画から考える歩行機能と臨床推論

 

 

 

臨床コース お申し込みはこちら

 

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み