トップへ戻る

脳卒中とは?

TOP > 脳卒中とは?

脳卒中とは?

 

 

 

脳卒中には脳梗塞と脳出血の2つの主なタイプがあり、どちらも脳組織の損傷を引き起こします。

 

・脳卒中の約70~90%を占める脳梗塞は、酸素化血液を脳に運ぶ血管を遮断または狭窄させる血栓症または塞栓症の結果です。

 

・脳出血は致命的リスクが高くなります。これは血管が破裂して脳組織に出血を引き起こす場合です。

 

 

両者の脳卒中の症状は損傷した脳の領域に影響します。あなたの脳の左半球が影響を受けている場合、症状は体の右側に現れ、その逆も同じです。これは脳と身体の間に「反対側」関係があるためです。

この損傷により、機能的能力低下、活動低下、疲労、筋疲労、部分麻痺、歩行機能の低下などが生じます。他にも記憶喪失、うつ病、不安などが生じます。

また、個人因子によっても症状に影響してきます。あなたの年齢、性別、運動不足、神経症状の重症レベル、心機能、抱えている慢性疾患(例えば、糖尿病、肺疾患、および骨粗鬆症)、脳卒中発症からの時間、社会的支援の程度、リハビリ(提供されている場合)の関与などです。

 

 

 

%e8%84%b3%e5%8d%92%e4%b8%ad%e3%81%a8%e3%81%af

無料
カウンセ
リング

お申込み・ご質問・ご相談など 各種お問い合わせ

無料カウンセリングの
お申込み